2018年05月28日

キトサン/大納言/等々

**キトサン**

カニ殻などから得られる不溶性の植物繊維であるキチンを加工して作られるそうです。

特定保健用食品も許可されているようなので、ときどき目にすることもあると思います。

化粧品に次も使われているんだとか。

さらには再生医療での応用も期待されているみたいです。





**大納言**

大粒種のアズキのことをいいます。

その判定は、5.8ミリメートルの篩にかかるものだそうです。

大納言って立派な官職の名前だけに、すごく上品で立派な響きがありますね。

挙げていくと、美方大納言小豆のほか、丹波、馬路、備中、あかね、ほくと、とよみ、ほまれなどです。





**ウワウルシ***

ウルシという名前でも、ウルシ科の植物ではありません。

クマコケモモとも呼ばれ、ツツジ科の常緑低木です。

日本薬局方に生薬「ウワウルシ」として収録されているみたいです。

葉は強い殺菌・収れん作用があることが知られています。

北半球の原野や高山に自生します。




続きを読む
タグ:植物繊維
posted by たこたこ at 05:15| 健康と美容のおしゃべり

2018年05月23日

キチン/アズキ/等々

**キチン***

不溶性の食物繊維として知られています。

かにや、えびなどの甲殻類の外殻にあるムコ多糖類といわれます。

話題になったのですが、実はその効果の信頼性はよく分からないみたいです。

でも日本キチン・キトサン学会というのもあるみたいですし、なんだか期待してしまうのでした。





**アズキ**

甘味をイメージする人が多いと思います。

なんといっても餡の原料としてよく知られています。

調理方法を変えると羊羹にもなります。

和菓子や中華菓子では欠かすことのできない食材です。

お菓子以外にも、もち米に少量のアズキをいれて炊いた「赤飯」もよく知られるところです。






**ウラジロガシ***

医薬品としても利用されるほか、葉を乾燥してお茶にして飲んだりもするみたい。

入浴剤として使用する場合もあるようです。

材としても堅く有用で、建材や家具材等に用いられるようです。

園芸用にもいいみたい。

伐採などで地方によってはレッドデータブックにも載ってます。



続きを読む
タグ:食物繊維
posted by たこたこ at 05:06| 健康と美容のおしゃべり

2018年05月18日

ガルシニア/ジャイアントコーン/等々

**ガルシニア**

ダイエットサプリメントの中にこの名称を目にしたことがあるかもしれないですね。

食欲とか脂肪の蓄積に関することで注目されたのでした。

もともと、インドや東南アジアなどではカレーのスパイスとして用いられていたというのも安心ですね。

甘酸っぱさを生かしたスパイスなんだとか。





**ジャイアントコーン***

グリコのアイスみたいな名前のトウモロコシです。

粒が大きいことが特徴で、ジャイアントの由来は2センチくらいになる粒です。

でも房自体は大きくならず、ふつうのトウモロコシと変わらないんだとか。

ナッツ類と混合し、おつまみ用のパックとして販売されているので、きっと食べたことがあるはずです。





**ウマ**

民間療法として馬肉・馬油が重宝がられるときがあるみたいです。

捻挫などの患部に湿布として使用されたりもするんだとか。

食用としてもありますが、牛や豚ほどメジャーではないです。

馬は食べる対象というよりは、走ったり、観賞したり、乗ったりという楽しみ方ですね。




続きを読む
タグ:ダイエット
posted by たこたこ at 01:03| 健康と美容のおしゃべり

2018年05月13日

ガラナ/ポッドコーン/等々

**ガラナ**

ガラナを配合したチョコレートを強壮剤的にもてはやす人もいるみたいです。

ブラジルでは飲料として用いられるみたいです。

原産地はアマゾン川流域と、なんだか未知の可能性を秘めてそうですね。

あまり知らないという人も多いと思いますが、ガラナ飲料は案外、北海道の人にはおなじみみたいです。





**ポッドコーン**

粒のひとつひとつが小さい穎(えい)に包まれているそうです。

トウモロコシで、粒が包まれてるってどんな感じなのかな。

そのためか害虫にもつよいそうです。

あまり見たことがないトウモロコシですが、観賞用として栽培されているみたい。

さやトウモロコシともいわれるみたいです。





**ウバイ**

漢方薬の「烏梅」(うばい)とは、ウメの実からつくられるそうです。

藁や草を燃やす煙で真っ黒に燻したウメの実です。

梅の実ってその他にも、梅酒にしたり、梅干しにしたりいろいろ用途があります。

ただ、青梅には毒性もあるそうで注意が必要です。

知らないと簡単に口にしちゃいそうですね。




続きを読む
posted by たこたこ at 05:15| 健康と美容のおしゃべり

2018年05月08日

カテキン/軟粒種/等々

**カテキン**

カテキンといえば近頃よくしられる成分ですね。

よく茶カテキンというのがおなじみかもしれません。

お茶の苦み成分ともいわれてます。

カテキンはいろんな生理活性が報告されているそうで、特定保健用食品などにも目にします。

サプリに使われることもあるようです。






**軟粒種**

やわらかいでんぷんで実がつくられているトウモロコシです。

ソフトコーンなどともいわれます。

特徴として粉にひきやすいとされます。

つまり普通に茹でて食べるというものではないみたい。

原産は南米の高原地帯です。

そのトウモロコシの特徴に応じた食べられ方をするのが一番です。





**ウツボグサ***

花穂からつくられた夏枯草(カゴソウ)は、日本薬局方にある生薬だそうです。

花が終わる枯れかかった頃に採集して、天日干しにするそうです。

日本の地方によっては、アブラグサ、クスリグサともよばれるそうです。

ところでハーブティとしても用いられているみたいですね。



続きを読む
タグ:食品
posted by たこたこ at 05:38| 健康と美容のおしゃべり

2018年05月04日

オリゴ糖/糯種/等々

**オリゴ糖***

ビフィズス菌などの腸内善玉菌を増やすといわれ、様々な健康食品で目にするようになりました。

少糖類とも呼ばれ、2,3糖から10糖くらいまでの糖類のオリゴマーです。

そのため、糖の組み合わせや数で、様々なものがあります。

あと血液型にもオリゴ糖が関係しているんだとか。





**糯種***

トウモロコシっぽくない、もちもちとした触感が特徴の種類なんだとか。

ワキシーコーンとか、もちとうもろこし等とも呼ばれるそうです。

もちっぽいのは粒の中のデンプンに由来するんだとか。

白、黄色のほか、黒、紫などの色もあるそうです。

一風変わったトウモロコシですね。





**ウショウ**

ウショウ(烏樟)は、クロモジの枝なんだそうです。

クロモジは、クスノキ科の落葉低木です。

枝が高級楊枝の材料となるそうです。

そのため楊枝自体も黒文字と呼ばれたりします。

千葉県の久留里地域では、上総楊枝として特産品となっています。

かつては化粧品にも使われていたそうです。




続きを読む
タグ:オリゴ
posted by たこたこ at 05:13| 健康と美容のおしゃべり

2018年04月28日

オイゲニン/硬粒種/等々

**オイゲニン**

あまり情報は多くないですが、サプリメントにも使われているようです。

バラから抽出されるんだとか。

ニンジンの苦み成分のひとついう説明も目にしたことがあります。

活性酸素に働いたり、花粉症の緩和などの話を聞きますが、あまり情報は多くないですね。

これから出てくるのかな。






**硬粒種***

加工して食用にしたり、家畜用飼料または、工業用の原料として用いられます。

メキシコ料理のタコス「トルティーヤ」にも使われるそうです。

フリントコーンといったほうが通じる人もいるようです。

爆裂種もこの種類から生まれたんだとか。

病害虫にも強いトウモロコシのようです。






**ウイキョウ**

和名がウイキョウ(茴香)です。

食用としても用いられます。

たとえば西洋では魚料理やピクルスの風味付けに。

インドではカレー料理に用いられます。

薬用としても知られており、太田胃散や仁丹にも使われているそうです。

ハーブとして、食用、薬用、化粧品用などに古くから用られてます。




続きを読む
posted by たこたこ at 03:08| 健康と美容のおしゃべり

2018年04月23日

エフェドラ/馬歯種/等々

**エフェドラ***

風邪薬や鎮咳薬としても用いられるもので、漢方医学でも生薬として用いられます。

過去にはスポーツ選手のドーピングで話題にもなりました。

エフェドリンともいわれるようです。

日本では、販売される医薬品にアストフィリン配合錠などがあります。

裸子植物のマオウ(麻黄)に由来します。






**馬歯種**

デントコーンとも呼ばれます。

名前の由来は見た目の姿です。

冠部にくぼみ(デント)ができ、馬歯のようになるからだとか。

主に澱粉(コーンスターチ)製造用、あるいは飼料用として栽培されるそうです。

そのほかバイオエタノール生産原料としても利用されているみたいです。






**インヨウカク***

精力剤として有名な生薬だそうです。

東北地方南部以南の森林に、自生するイカリソウです。

落葉多年草です。

園芸用や薬用に栽培されることもあります。

本来は中国原産の同属のホザキノイカリソウのようです。

ヒツジがこれを食べて精力がついたという伝説に基づいた名前なんだとか。



続きを読む
タグ:風邪
posted by たこたこ at 05:14| 健康と美容のおしゃべり

2018年04月18日

エノキタケ/爆裂種/等々

**エノキタケ***

昔から食用のキノコとして知られます。

ダイエットで注目されているようで、内臓脂肪率低下に関する研究が行われています。

エノキタケといえば、もやし状に栽培されたエノキタケがおなじみだと思います。

でも山でみるエノキタケとはかなり見た目が違っているのでした。






**爆裂種***

ポップ種等とも呼ばれるように、ポップコーンを作る用のトウモロコシです。

ポップコーンって誰が発見したのか分かりませんが、よく見つけたものですね。

知らなければ元がトウモロコシの粒だなんて全く分からないです。

ちなみにこの爆裂種の特徴は皮が固いことなんだそうです。



続きを読む
タグ:キノコ
posted by たこたこ at 05:11| 健康と美容のおしゃべり

2018年04月13日

エゾウコギ/ホワイトショコラ/等々

**エゾウコギ***

朝鮮人参などと同種のウコギ科の植物です。

薬用植物としても知られています。

エゾという名前からイメージができりょうに、北海道に自生するそうです。

またサハリン、千島、朝鮮半島、中国北部、シベリアにも分布するようです。

漢方では刺五加として2000年以上前から使われているそうです。






**ホワイトショコラ***

トウモロコシは黄色というイメージを覆す、白い粒が並ぶ美しいトウモロコシです。

見た目だけではなく、味もインパクトがあるのでした。

果皮がやわらかく、生でも食べられるそうです。

そしてとにかく甘くておいしいんだとか。

糖度が高いスイートコーンです。

もちろん茹でても焼いてもおいしいのでした。






**イチジク**

不老長寿の果物とも呼ばれるんだとか。

どうしてなんでしょうね。

果実は生食するほかに乾燥イチジクとしても流通しているそうです。

熟した果実、葉を乾燥したものが生薬となっているそうです。

果実は無花果(ムカカ)、葉は無花果葉(ムカカヨウ)というそうです。



続きを読む
タグ:エゾウコギ
posted by たこたこ at 04:12| 健康と美容のおしゃべり