2018年11月03日

飲むだけで痩せるNG/雷峰/等々

**飲むだけで痩せるNG**

機能性表示食品に対する消費庁の措置命令にありました。

「飲むだけで痩せる」は、NGです。

普通に考えて、ありえないですよね。

運動や食事制限を全くしなくても、食品を摂取するだけで痩せるってありえないです。

購入していた人も、大げささにはうすうす気づいているとは思いますが。






**雷峰**

主な産地は、宮城県や北海道、山形県、長野県などです。

甘みと酸味のバランスがよいイチゴで、日持ちがいいのも特徴です。

ハウス栽培により一年中収穫されているようです。

洋菓子の加工用として多く用いられるんだとか。

近くのケーキ屋さんのショートケーキにのっているかも。





**キジツ**

いろいろな漢方薬の主原料となっているそうです。

ダイダイまたはナツミカンの未熟な果実を乾燥した生薬だそうです。

ただの果物ではないんですね。

5〜6月に摘果採集した未熟果実を乾燥させるそうです。

半分に輪切りにして天日や温風で乾燥させる場合もあるそうです。






続きを読む
タグ:表示
posted by たこたこ at 03:12| 健康と美容のおしゃべり

2018年10月26日

電子タバコのニコチン/章姫/等々

**電子タバコのニコチン**

ニコチンが入った商品は無許可で流通することはできないです。

ところが電子タバコで、ニコチンが入った商品が無許可で売られていたんだとか。

2017年に発覚しました。

ネット通販で、そのサイトは国外を拠点とし、グレーな感じです。

ちなみに表記は日本語だったようです。






**章姫***

品種改良者の名前から「章」がつけられたそうです。

「女峰」と「久能早生」を交配させることでできたそうです。

大きく、細長いのが特徴とのことです。

味は糖度が高く、酸度はすくないそうです。

すごくおいしそうな気がしますね。

暖地での施設栽培に向いているみたいです。





**キササゲ**

キササゲとトウキササゲの果実が、生薬「キササゲ」だそうです。

日本薬局方に収録されているそうです。

利尿作用があるといわれています。

ちなみに伝統的な漢方薬ではほとんど使わないんだとか。

もともとは中国原産のようですが、日本各地の河川敷などで野生化しています。





続きを読む
タグ:タバコ
posted by たこたこ at 05:23| 健康と美容のおしゃべり

2018年10月20日

生活習慣病とアプリ/女峰/等々

**生活習慣病とアプリ***

生活習慣病の治療には医師だけでなく、本人の意思も重要です。

そういう部分ではスマホのアプリが役立つのかも。

生活習慣病の治療に役立つアプリもあるそうです。

たとえば、禁煙とか不眠症とか。

医師の処方を受けて利用できるもののようですから、かなり本格的ですね。






**女峰***

日光市の北側の女峰山にちなんで名づけられたイチゴです。

もともとは九州の「とよのか」に対抗してつくられたんだとか。

甘酸っぱい味が特徴で、糖度が極めて高いのに、酸っぱさも適度にあるのでした。

色も鮮やかで外観もいい特徴から、ショートケーキにもよく使われたんだとか。






**キキョウ**

万葉集のなかで秋の七草と歌われている「朝貌の花」なんだとか。

キキョウの根はサポニンを多く含むそうです。

生薬としても知られます。

根が太く、内部が充実し、えぐ味の強いものがいいそうです。

星型の花を咲かせることでも知られます。

絶滅危惧種となっているみたい。






続きを読む
タグ:健康
posted by たこたこ at 05:20| 健康と美容のおしゃべり

2018年10月15日

オーラルフレイル/とよのか/等々

**オーラルフレイル**

口の中の機能低下が体の衰えにもつながるそうです。

活舌が悪くなったり、飲み物でむせたり、食べこぼしたり。

そのサインを見落さないことも大事です。

軽く考えて問題が深刻になるまで放っておくわけにはいかないです。

定期チェックを歯科で受けることも大事みたいです。





**とよのか***

主に西日本で人気のあったイチゴです。

1980年代から1990年代後期に、酸味が少なく大粒で甘いことで人気でした。

「ひみこ」に「はるのか」を交配してつくられたそうで、品種登録は1984年のことです。

のちに、「あまおう」の登場で存在感はうすくなっていきました。





**ガンビール**

葉と若枝の乾燥水製エキスが生薬のひとつとして用いられるそうです。

阿仙薬(あせんやく)というそうです。

阿仙薬は褐色でタンニン類を多く含むそうです。

正露丸、仁丹などに配合されているそうです。

そう聞くとなんだか身近ですね。

アカネ科カギカズラ属の植物のガンビールノキからとれます。






続きを読む
タグ:健康
posted by たこたこ at 05:30| 健康と美容のおしゃべり

2018年10月09日

色覚多様性/イチゴ/等々

**色覚多様性***

人の色の認識は、赤と緑と青の3色をそれぞれ感じる3種類の細胞が基本になっているみたい。

それで、人によってはどれかの働きが弱い場合もあるんだとか。

ちなみに、弱い色に応じて、赤はP型、青はT型、緑はD型というそうです。

どのタイプの人もわかるように表現するのが色覚バリアフリーみたいです。





**イチゴ**

フルーツとして誰もが知るイチゴです。

でも区分でいえば野菜のようです。

ショートケーキやタルトの装飾でもお馴染みです。

いちご大福もありますし、スイーツとの相性もばっちりです。

いちごジャムも定番ですね。

かき氷のシロップなどにもイチゴ味は定番ですが、こちらはイチゴの果汁は入ってなかったりするみたい。





**カンゾウ***

薬用植物で根を乾燥させたものが生薬として利用されるそうです。

甘草は、甘味料としても用いられるようです。

グリチルリチン、ブドウ糖、ショ糖などが甘味成分なんだそうです。

グリチルリチンの甘味は砂糖の50倍もあるんだとか。

しかも低カロリーだそうです。






続きを読む
タグ:色覚
posted by たこたこ at 05:10| 健康と美容のおしゃべり

2018年10月02日

カプセル内視鏡の検査/カイワレダイコン/等々

**カプセル内視鏡の検査***

小さなカプセルを飲み込むだけと、従来の内視鏡よりずっと患者の負担は軽減されます。

さらに医師としても、特別な技能を必要としないことから、検査する側の負担も減らせます。

ただカプセル内視鏡は写真を撮りためて送信するので、リアルタイムでの処置には向かないみたいです。





**カイワレダイコン***

発芽直後の胚軸と子葉を食用とする野菜のひとつです。

大根のスプラウト食材です。

大根といえば大きい野菜ですが、かいわれ大根は小さいですね。

生のまま食べられ、サラダやどんぶりの彩りに用いられます。

よく目にする野菜の一つです。

栄養的にもすごく優れているそうです。






**カンキョウ**

生姜の表面の皮を取り去り、蒸して乾燥させたものは乾姜(かんきょう)といいます。

興奮作用、強壮作用、健胃作用があるみたいです。

ところで、ショウガの根茎は生薬としてしられます。

中国では紀元前500年頃から薬用として使われていたそうで、歴史も古いですね。







続きを読む
posted by たこたこ at 05:26| 健康と美容のおしゃべり

2018年09月26日

足のかたちと靴/モヤシ/等々

**足のかたちと靴***

エジプト型、ギリシャ型、スクエア型の3つのタイプの足のかたちがあります。

自分がどの形かについて知っておくことが靴選びでは重要です。

足のかたちにあっていないとサイズだけ合わせても意味がないです。

またサイズも長さだけじゃなく、幅もきちんと知ることが大事です。





**モヤシ**

もやしっ子などの表現が生まれるほど、昔からなじみのある野菜です。

主に穀類、豆類の種子を人為的に発芽させた新芽です。

とにかく安く買える野菜というイメージが強いと思います。

茹でても炒めても使える食材なのでした。

主流は緑豆モヤシなんだとか。

ほかにも小豆モヤシや大豆モヤシなどもあるみたいです。





**カロコン***

キカラスウリやオオカラスウリの皮層を除いた塊根が、栝楼根(カロコン)という生薬だそうです。

キカラスウリは、北海道から九州に自生します。

つる性の多年草です。

昔は、天花粉に加工することで、おしろいの原料、あせもの予防、治療などに用いられたそうです。





続きを読む
タグ:
posted by たこたこ at 05:19| 健康と美容のおしゃべり

2018年09月20日

ぬるめの入浴/スプラウト/等々

**ぬるめの入浴***

熱いお風呂に入ることを自慢のように話す人もいますが、お風呂はぬるめのほうが体にはいいのかも。

ゆっくりと、ぬるめの入浴をすることで冷え症などにもいいみたいです。

時間はかかりますが、忙しい時間を過ごすことが多いだけに、お風呂くらいはゆっくりすることも大事かな。






**スプラウト**

人為的に発芽させた新芽を食用にしたもので、茎や芽が食用とされます。

モヤシをはじめ、ブロッコリースプラウト、かいわれ大根、ビーンズスプラウトなどがあります。

育て方や食べる時期による分類があり、もやし型、かいわれ型、その中間型、発芽したてのものに分けられます。





**カリン**

果実については生薬名を和木瓜(わもっか)というんだそうです。

砂糖漬けやリキュールに用いられるようです。

のど飴に配合されていることが多い。

よく目にしますね。

バラ科の落葉高木なんだそうです。

ちなみに、木材としては家具などの材木として利用されるんだとか。






続きを読む
タグ:入浴
posted by たこたこ at 05:38| 健康と美容のおしゃべり

2018年09月15日

成功報酬型の薬/ゴマ/等々

**成功報酬型の薬***

薬が効いた患者にのみ支払いを求めるという成功報酬型の薬が話題になりました。

スイスのノバルティスが、日本で導入することを検討したのがきっかけです。

話題になったのは2017年10月のこと。

この取り組みが実現すれば日本では初の出来事で、薬価制度にも影響力のあることなのでした。





**ゴマ***

古くから世界中で利用されている食材です。

食材としても、食用油のごま油としても用いられます。

白ごま、黒ゴマ、金ゴマなどの種類もあります。

栄養豊富な食材として知られますが、実は胡麻アレルギーの人もいるそうです。

ふりかけや、胡麻豆腐、タンタンメンなどいろいろ使われています。





**カラスビシャク***

サトイモ科の植物の一種です。

コルク層を除いた塊茎は、半夏(はんげ)という生薬なんだそうです。

北海道から九州まで広く分布します。

山地の道端や畑地に自生する多年草です。

かつては、つわりの生薬としても用られていたみたいです。

日本薬局方に収録されているそうです。




続きを読む
タグ:
posted by たこたこ at 03:06| 健康と美容のおしゃべり

2018年09月10日

ロボで手術/レンズマメ/等々

**ロボで手術**

特殊なカメラとアームを用いて、医師が遠隔操作で手術する方法があるそうです。

前立腺がんで用いられているんだとか。

操作性に慣れると、人の手より精密な動きもできるみたいです。

またキズが小さく、出血を少なくする効果もあるみたい。

手術にもロボが入ってきているんですね。





**レンズマメ**

日本ではあまり目にすることがないマメだと思います。

インド料理やイタリア料理、フランス料理などで使われる食材のようです。

ちないみに光学の「レンズ」はこのマメに形が似ていることで、この名前が使われたそうです。

マメのほうが名前が先だったようです。





**カノコソウ**

生薬になります。

根と球根が、吉草根(きっそうこん)または纈草根(けっそうこん)になるそうです。

日本薬局方に収録されているそうです。

ヒステリーなどに対する鎮静作用があるそうで、ほかには、睡眠の改善作用、リラックス効果などだそうです。

北海道、本州、四国、九州に分布する多年草です。




続きを読む
タグ:手術
posted by たこたこ at 05:11| 健康と美容のおしゃべり

2018年09月05日

糖尿病1000万人/ラッカセイ/等々

**糖尿病1000万人***

糖尿病ってよく聞くワードですが、厚生労働省の統計によると2016年に初めて1000万人をこえました。

高齢化の進展も背景の一つなんだそうです。

糖尿病って自覚なく進むため、気づいた時には手遅れということもあり、怖い病気です。

患者だけじゃなく予備軍も大量にいるのでした。






**ラッカセイ**

ピーナッツの姿のほうが案外なじみがあるかもしれないですね。

柿の種といっしょになったり、バターピーナッツとしてうられていたり、おつまみの代表みたいな存在です。

その一方で、殻付きの落花生もまたよく見かけます。

ものすごく浸透した食品の一つなのでした。






**カッセキ***

滑石(かっせき)と書くそうです。

珪酸塩鉱物の一種でフィロケイ酸塩鉱物に分類されるんだとか。

食品添加剤としても使われています。

また漢方薬でも使われるみたい。

石と聞くとなんだか違和感がありますね。

利用にあたってはアスベストの混入にも注意したほうがいいみたいです。




続きを読む
タグ:高齢化
posted by たこたこ at 05:20| 健康と美容のおしゃべり

2018年08月31日

オーソライズド・ジェネリック/ナタマメ/等々

**オーソライズド・ジェネリック***

これは特許使用の許諾(オーソライズド)されたジェネリック医薬品とのことです。

そのため、先発医薬品とほとんど同じ薬品なんだとか。

なのに価格はジェネリック医薬品並みとのこと。

普通のジェネリック医薬品は有効成分は同じでも添加物などに違いがあります。

その違和感がないって素敵なジェネリックですね。






**ナタマメ**

ナタマメの若いさやは、漬物、炒め物などで食べるそうです。

福神漬にも用いられるそうです。

でも食用よりもしかしたら、漢方薬として知る人が多いかも。

健康食品や健康茶としても見かけます。

アジアかアフリカの熱帯原産で、日本には江戸時代に伝わったそうです。






**カッコン***

葛(くず)の根を乾燥させたものを生薬名葛根(かっこん)といいます。

文字的にはそのままですね。

日本薬局方に収録されている生薬のひとつとして知られています。

ちなみに葛は、万葉の昔から秋の七草の一つとされています。

日本ではおなじみな植物なのでした。




続きを読む
タグ:医薬品
posted by たこたこ at 05:09| 健康と美容のおしゃべり

2018年08月26日

臍帯血投与で逮捕/ダイズ/等々

**臍帯血投与で逮捕***

再生医療安全性確保法の初の立件ということで話題になりました。

2017年8月に、医師が逮捕されました。

他人の臍帯血を無届けで投与したという容疑です。

臍帯血には、幹細胞が含まれるなど再生医療で期待されています。

しかし、無秩序に使っていいということではないのでした。





**ダイズ***

影響下の高い食品として知られます。

さらに根粒菌との共生によりやせた土地でも育つという強みもあります。

日本では古くから食生活に浸透しており、醤油や味噌などの調味料の原料としても重要です。

また豆腐や納豆も大豆が原料ですね。

もやしも実は大豆なんだそうです。






**カッコウ***

パチョリの全草を、乾燥させたものを「霍香(カッコウ)」とよびます。

漢方薬に用いるそうです。

東インドや西インドなど、熱帯地方に生育する植物です。

防虫や香料にも用いられるようです。

パチョリはハーブの一つで、主に精油(パチョリ油)に加工され利用されるそうです。



続きを読む
タグ:再生医療
posted by たこたこ at 05:11| 健康と美容のおしゃべり

2018年08月21日

石垣島とユーグレナ/ソラマメ/等々

**石垣島とユーグレナ***

飲めるミドリムシことユーグレナが健康食品として注目されています。

そのユーグレナ、屋外で大量培養できるようになったのが、世間に出てきた大きなきっかけかも。

世界初の屋外での大量培養成功したユーグレナ社は石垣島で育てているそうです。

小学校の時に習ったミドリムシが健康食品になるって不思議です。






**ソラマメ**

一粒一粒が大きくて食べ応えのある豆です。

塩ゆでや、鞘ごと焼いて、中のマメを食べます。

あるいは揚げて塩をふった、いかり豆もよく知られる食べ方です。

古代ギリシャ人はソラマメを葬儀に用いるなど不吉なものとしていたそうです。

おいしく食べられるマメなのに、不思議ですね。





**ガジュツ***

紫ウコンとも別名でいうそうですが、ウコンとは違います。

その植物の根茎が、生薬とされているそうで、日本薬局方に収録されています。

芳香健胃作用があるんだとか。

日本では屋久島、沖縄等の暖かい地方で栽培されているみたいです。

ヒマラヤが原産なんだそうです。




続きを読む
タグ:食品
posted by たこたこ at 05:10| 健康と美容のおしゃべり

2018年08月16日

コエンザイムQ10/シカクマメ/等々

**コエンザイムQ10**

ユビキノンという名前もあるようです。

でも一般にはコエンザイムQ10(キューテン)のほうが知られていると思います。

ひところ健康食品として話題となりましたからね。

もともとは医薬品とされていたそうですが、効果がないということで外されたんだとか。

それで健康食品になったみたいです。





**シカクマメ***

熱帯アジア原産の食材です。

ただ日本では、それほど知られているものではないです。

沖縄では、「うりずん豆」「シカクマーミ」などと呼ばれるようです。

ちなみに、さやだけが食用というわけではなく、花や葉、熟した豆、芋も食用なんだそうです。

それはそれですごいですね。





**カシュウ**

ツルドクダミの塊根のことを、「何首烏(かしゅう)」とよぶそうです。

漢方薬の生薬として知られるのでした。

ちなみに、つるのほうは、「夜交藤(やこうとう)」と称され、不眠症の漢方薬みたいです。

日本では、江戸時代と近年に栽培され、それが野生化しているみたい。




続きを読む
タグ:健康
posted by たこたこ at 05:25| 健康と美容のおしゃべり

2018年08月11日

ケフィア/ササゲ/等々

**ケフィア***

発酵された乳飲料の一種です。

ケフィアをストレートに飲むのは酸味が強すぎると感じる人が多いと思います。

そのため果物やハチミツ、メープルシロップなどの甘味料を咥えて飲むことが多いようです。

日本では「ヨーグルトきのこ」としてもしられるのでした。

発酵の度合いで栄養も違ってくるようです。






**ササゲ**

南米では繁栄と幸運を呼ぶ食物と考えられているそうです。

そのため、正月食べる風習があるんだとか。

日本とは違った側面を持つようです。

ただ日本でも縁起にまつわる話があります。

たとえば赤飯に使われるのは、似ても皮が破れないササゲのほうが、破れる小豆より、切腹を連想しないので江戸時代に武士の間で使われるようになったんだとか。






**カゴソウ**

ウツボグサを天日干しにしたものを、夏枯草(カゴソウ)といいます。

日本薬局方にある生薬です。

一見枯れたように見えるところから夏枯草というそうです。

日本ではハーブティとしても用いられます。

強壮剤、うがい薬としての用途もあるようでした。

いろいろあるんですね。



続きを読む
タグ:発酵
posted by たこたこ at 05:32| 健康と美容のおしゃべり

2018年08月06日

ケール/枝豆/等々

**ケール***

青汁の材料としてその名前を知られるようになった野菜です。

キャベツと同じ、アブラナ科の植物ですが、結球しません。

和名はリョクヨウカンラン(緑葉甘藍)などです。

地中海沿岸が原産なんだとか。

キッチン、サンバカーニバル、ジューシーグリーンなどの品種があります。






**枝豆**

おつまみの定番のひとつです。

塩ゆでした枝豆は、ビールとよく似あいます。

味的な話だけではなく、栄養面でも優れているみたい。

良質たんぱく質がアルコールの分解に役立つそうです。

ちなみに枝豆は、大豆のことです。

未成熟で青いうちに収穫したものを枝豆と呼びます。






**がいよう**

ヨモギの葉が、艾葉(がいよう)という生薬で、止血作用があります。

ちなみに、もぐさ(艾)は、葉を乾燥させ、裏側の綿毛を採取したものだそうで、お灸につかいます。

ヨモギの他にヤマヨモギも大丈夫なんだそうです。

ヨモギって身近だけど、すごく役立っているんですね。



続きを読む
タグ:野菜
posted by たこたこ at 05:09| 健康と美容のおしゃべり

2018年08月01日

グルコサミン/エンドウ/等々

**グルコサミン**

カニやエビなどのキチン質の主要成分として多量に存在する成分だそうです。

栄養補給サプリメントや健康食品として販売されています。

テレビCMなどでときどき耳にするので、覚えている人も多いことでしょう。

コンドロイチンといっしょになっていることも多いみたいです。





**エンドウ***

グリーンピースとサヤエンドウって、どちらもこのエンドウなんだそうです。

全然違うものと思っている人は少なくないとおっもいます。

日本でもおなじみの食材ですが、その起源は古代オリエント地方や地中海地方なんだそうです。

すごくワールドワイドな食品なんですね。






**ガイハク**

らっきょうの鱗茎は、薤白(がいはく)という生薬です。

漢方では胸痺(きょうひ)に効果があるとされているそうです。

らっきょうといえば、カレーライスのおともとしてもよく知られています。

福神漬けに次ぐポジションを獲得していますね。

中国、ヒマラヤ地方が原産なんだそうです。




続きを読む
タグ:食品
posted by たこたこ at 03:04| 健康と美容のおしゃべり

2018年07月27日

クロレラ/インゲンマメ/等々

**クロレラ**

淡水性単細胞緑藻類の総称です。

しかし、多くの人にとっては健康食品というイメージが強いと思います。

空前のブームを引き起こしたクロレラですが、沈静化したのには理由があります。

実は、問題にもなっていて、2015年には景品表示法に基いた裁判にも発展したのでした。






**インゲンマメ**

世界中で主食または主要な蛋白源となっている有名な食品です。

安価で低脂肪、高蛋白ということのない食材ですね。

金時豆やうずら豆、虎豆、毛亡、大福豆などもインゲンマメなんだそうです。

成熟した種子だけじゃなく、サヤインゲンとして若いさやも食べるのでした。





**カイニンソウ**

紅藻の一種でマクリとも呼ばれます。

実は、回虫の駆虫薬として有名です。

ちなみに回虫は主に小腸に寄生する動物です。

日本薬局方にも収録されてます。

市販もされています。

大西洋、地中海、紅海、インド洋などの暖流流域に分布しおり、海底や珊瑚礁で育つみたいです。



続きを読む
タグ:健康
posted by たこたこ at 05:10| 健康と美容のおしゃべり

2018年07月22日

クルクミン/白小豆/等々

**クルクミン***

天然の食用色素として知られる食品添加物です。

ターメリック(ウコン)などに含まれます。

鮮やかな黄色が特徴です。

漬物、水産ねり製品、栗のシロップ漬、和菓子などで用いられるようです。

ドリンク剤や健康食品でも目にしますが、その効果についてはまだ知られていないところも多いようです。





**白小豆**

アズキといえば赤のイメージだけに、アズキには見えない、白色のアズキです。

白色又は黄白色ですが食べてみると期待とは違いアズキの風味がするのでした。

白粒あんなど見た目と一緒に楽しめそうです。

ちなみにあまり多く出回っていないので、希少なんだそうです。






**ガイシ**

「芥子(がいし)」とは、カラシナの種子です。

からし菜は、野菜として栽培されることも。

葉茎は、油炒めやおひたし、漬物などとして調理され食されます。

種子は、からし(和からし)の原料になるんだそうです。

ちなみにオリエンタルマスタードという呼び方もあるようです。



続きを読む
タグ:食品
posted by たこたこ at 03:11| 健康と美容のおしゃべり