2018年10月09日

色覚多様性/イチゴ/等々

**色覚多様性***

人の色の認識は、赤と緑と青の3色をそれぞれ感じる3種類の細胞が基本になっているみたい。

それで、人によってはどれかの働きが弱い場合もあるんだとか。

ちなみに、弱い色に応じて、赤はP型、青はT型、緑はD型というそうです。

どのタイプの人もわかるように表現するのが色覚バリアフリーみたいです。





**イチゴ**

フルーツとして誰もが知るイチゴです。

でも区分でいえば野菜のようです。

ショートケーキやタルトの装飾でもお馴染みです。

いちご大福もありますし、スイーツとの相性もばっちりです。

いちごジャムも定番ですね。

かき氷のシロップなどにもイチゴ味は定番ですが、こちらはイチゴの果汁は入ってなかったりするみたい。





**カンゾウ***

薬用植物で根を乾燥させたものが生薬として利用されるそうです。

甘草は、甘味料としても用いられるようです。

グリチルリチン、ブドウ糖、ショ糖などが甘味成分なんだそうです。

グリチルリチンの甘味は砂糖の50倍もあるんだとか。

しかも低カロリーだそうです。






**四葉胡瓜***

本葉が四枚付いた頃から実がなるという特徴が名前の由来です。

白イボ系のキュウリで、普通の白イボ胡瓜の1.5倍ぐらいの大きいことも特徴です。

中国華北系の品種なんだそうです。

歯切れと風味が良いものの見た目はあまりよくないです。

鮮度の落ちもはやいんだとか。

漬物に向いているといわれます。




ほっとな犬のしつけを自宅で学べるなら、忙しい人でも気軽に始められるはず。また家族も一緒に始められるので、途中で挫折する心配も減りそうです。たとえば学ぶ犬のしつけ/今治市が参考になるかも。教室だけがしつけを学ぶ方法ではないみたいです。正しい方法を知ることで、自分の手で愛犬をもっと賢くしてあげることができるはずです。






**宝交早生***

寒冷地の露地栽培にも向くなど、育ちやすいのが特徴の一つのようです。

そのため、家庭菜園なんかにもいいかも。

1960年に発表された品種で、兵庫県で生まれました。

かつてはイチゴを全国に普及させた代表的品種だったそうです。

甘みが強く、果実が柔らかいという特徴があります。
タグ:色覚
posted by たこたこ at 05:10| 健康と美容のおしゃべり