2018年09月15日

成功報酬型の薬/ゴマ/等々

**成功報酬型の薬***

薬が効いた患者にのみ支払いを求めるという成功報酬型の薬が話題になりました。

スイスのノバルティスが、日本で導入することを検討したのがきっかけです。

話題になったのは2017年10月のこと。

この取り組みが実現すれば日本では初の出来事で、薬価制度にも影響力のあることなのでした。





**ゴマ***

古くから世界中で利用されている食材です。

食材としても、食用油のごま油としても用いられます。

白ごま、黒ゴマ、金ゴマなどの種類もあります。

栄養豊富な食材として知られますが、実は胡麻アレルギーの人もいるそうです。

ふりかけや、胡麻豆腐、タンタンメンなどいろいろ使われています。





**カラスビシャク***

サトイモ科の植物の一種です。

コルク層を除いた塊茎は、半夏(はんげ)という生薬なんだそうです。

北海道から九州まで広く分布します。

山地の道端や畑地に自生する多年草です。

かつては、つわりの生薬としても用られていたみたいです。

日本薬局方に収録されているそうです。






**ズッキーニ***

フランス料理やイタリア料理の食材として知られます。

日本ではもともと目にする機会は少なかったです。

見た目はキュウリに似た感じですが、カボチャに近い野菜だそうです。

花は「花ズッキーニ」とよばれ、これも食用なんだそうです。

食べられるのは実だけじゃないみたいです。






**桜桃壱号**

ネット通販などで人気のイチゴなんだそうです。

粒が非常に大きいことでも知られているようです。

福岡生まれのイチゴのようです。

「アマテラス」と「紅ほっぺ」からつくられました。

イチゴだけに、壱号というダジャレ的な名前もまた印象に残るのでした。

おもしろいですね。


タグ:
posted by たこたこ at 03:06| 健康と美容のおしゃべり