2018年07月17日

クランベリー/中納言/等々

**クランベリー**

ツルコケモモ、ヒメツルコケモモ、オオミノツルコケモモ、アクシバなどがあります。

果実は非常に酸味が強く、生食には向かないです。

水中で木を揺すると果実が外れて水面に浮かび、大型機械で掬い取って収穫するんだとか。

菓子やジャム、ペミカン、クランベリージュースの原料に使われます。





**中納言***

粒の大きい大納言を除く、アズキのことを中納言と呼んだりするようです。

えりも小豆が特に知られています。

ほかにも、しゅまり、きたのおとめ、さほろ等があります。

えりも小豆は、その開発で収穫量が大きく上がったそうで、全国で栽培されているようです。

中納言はこし餡に向いているそうです。






**カイカ**

エンジュの蕾を乾燥させたものは、槐花(かいか)と呼ばれる生薬です。

止血作用があるとされています。

ちなみに、エンジュに含まれるルチンはサプリメントとしても利用されているようです。

エンジュは、中国原産で、昔から日本でも植栽されているので、よく目にする木ですね。






**レッドゼブラトマト***

赤地にオレンジ色の縞がはいる外観のトマトです。

知らないと悪くなっているのかなと心配しそうです。

甘酸っぱい中玉トマトで、その色合いを使ったトッピングにいいかも。

すごく目を引く色合いですからインパクトはありそうです。

育て方は普通のトマトと変わらないみたいです。






**誤嚥性肺炎**

体力の衰えると、食べ物や飲み物が上手く飲み込めない障害に陥りやすいそうです。

そして期間を閉じる弁の動きが悪くなり、食べ物などの一部が気管に入る誤飲が起こります。

この誤飲が原因の肺炎が高齢者には多いそうです。

風邪をこじらせてなるイメージがありますが、それだけではないです。


タグ:ベリー
posted by たこたこ at 05:30| 健康と美容のおしゃべり