2018年07月02日

ギムネマ/ほくと大納言/等々

**ギムネマ***

ホウライアオカズラのギムネマ酸によるものとされる現象があります。

それはこの植物の葉を噛み続けると甘味を感じなくなるというもの。

ホウライアオカズラはインドの南部や中央部やスリランカの熱帯林を原産とするハーブです。

ハーブとしての効果は解明されていないようです。






**ほくと大納言**

北海道で栽培されるあずき(大納言)のひとつです。

極大粒ということなので、粒小化の心配が少ないんだとか。

しかしその一方で、収穫前の降雨による雨害粒が多発したんだとか。

その欠点が理由で栽培面積が減ったようです。

栽培面積に影響が出るほどの大きな弱点ということですね。






**オウレン***

根茎は漢方薬として使われます。

常緑の多年草です。

北海道、本州、四国の山地の木陰に自生することでも知られます。

杉植林などでもよく目にするように、針葉樹林に多いのでした。

薬用植物のため栽培もされており、播種から収穫まで5,6年かかるんだそうです。







**マイクロトマト**

超小さいトマトです。

完熟しても1センチほどという小ささに、ついつい見てしまうトマトです。

赤とオレンジ色のものがあるようです。

発祥は愛知県なんだとか。

小さいながらも味はしっかりトマトだそうで、気分を変えるトッピングに面白そうです。

こったミニチュアメニューをつくるのも楽しいかも。






**さがほのか***

主に九州において栽培されているイチゴの品種です。

佐賀県で生まれ、2001年に品種登録されました。

「大錦」と「とよのか」の掛け合わせて生まれた品種です。

実がしっかりしていて、甘味が強く、酸味は控えめのようです。

ややスリムな見た目で、日持ちもするようです。

タグ:ハーブ
posted by たこたこ at 05:19| 健康と美容のおしゃべり