2018年06月22日

サボイキャベツ/備中大納言/等々

**サボイキャベツ***

フランスの地名であるサボイ地方の名前をつけたキャベツです。

明らかに普通のキャベツと外観が違います。

ヨーロッパでは見慣れた姿だそうですが、日本のキャベツとはかなり違うのでした。

小ぶりで、すごくシワシワなのが特徴です。

食感もかなり繊維質なようです。






**備中大納言***

岡山県の備中地方で生産されている、高級小豆です。

石灰岩質で水はけがいい土地や、寒暖差のある気候が、うまいアズキを育てる背景になっているんだとか。

土地に深く関係した特産品のようです。

粒が大きい大納言で、味もほかの大納言に負けない上品な味わいなんだとか。






**オウバク***

キハダの樹皮からコルク質を取り除いて乾燥させたものが、生薬の黄檗(おうばく)だそうです。

キハダはアジア東北部の山地に自生しており、珍しい木ではないみたい。

日本でも全土でみることができます。

黄柏にはベルベリンなどの薬用成分が含まれるそうです。





**チェリースノーボール**

白いミニトマトと呼ばれていますが、多少黄色っぽいです。

でも黄色いミニトマトに比べてみると、白っぽさが感じられます。

名前だけからではトマトをイメージできないですね。

生のままサラダにするのがいいみたいです。

他のミニトマトと並べると視覚的にも楽しいです。





**アスカルビー***

奈良生まれの、ルビーのような艶のある赤いイチゴでということで「アスカルビー」なんだとか。

甘みが強く酸味とのバランスがいいイチゴとのことです。

香りも楽しめるみたい。

2000年に品種登録されました。

「アスカウェイブ」と「女峰」の交配で生まれたイチゴです。


タグ:キャベツ
posted by たこたこ at 03:03| 健康と美容のおしゃべり