2018年06月17日

札幌大球/馬路大納言/等々

**札幌大球***

「さっぽろだいきゅう」と読みます。

戦前から、札幌周辺でつくられる巨大なキャベツです。

伝統野菜としても認識されているようです。

通常のキャベツが1キロ程度なのに対して、10キロ以上、最大級では20キロもあるそうです。

生でも茹でても漬け物でもおいしいそうです。





**馬路大納言**

色、光沢、風味ともに優れた最高級品のアズキなんだそうです。

大きく俵形をしており、丹波大納言と比べてみても色が鮮やかで、粒もさらに大きいのでした。

和菓子の粒あんとして用いられるそうです。

亀岡盆地の気候と土壌も重要なんだそうで、そこでしか収穫することができない希少なアズキです。





**コガネバナ***

多年草で、根を乾燥したものを「黄芩(おうごん)」というそうです。

薬味として比較的よく使われるそうです。

漢方にも配合されるみたいです。

大柴胡湯、三黄瀉心湯、葛根黄芩湯、乙字湯、辛夷清肺湯などです。

徳川吉宗の頃、朝鮮から種子が導入されたそうです。





**イエローグレープ**

ミニトマトの一つで、色は黄色、形はプラム型です。

固定種とのことなので、自分で種を取って育てると、次の年も同じものがなるそうです。

サラダに添えると見た目も鮮やかになりそうです。

味的にも、見た目的にも、フルーツ感覚で食べられると喜ばれてるみたいです。





**とちおとめ***

有名なイチゴのひとつです。

名前からわかるように、栃木のイチゴです。

その特徴は、粒が大きいこと、色が鮮やかな赤であること、甘いこと、日持ちもよいこと。

いいとこだらけですね。

主力品種だった「とよのか」「女峰」そして「栃の峰」から生まれたイチゴなんだそうです。


タグ:キャベツ
posted by たこたこ at 03:13| 健康と美容のおしゃべり