2018年05月04日

オリゴ糖/糯種/等々

**オリゴ糖***

ビフィズス菌などの腸内善玉菌を増やすといわれ、様々な健康食品で目にするようになりました。

少糖類とも呼ばれ、2,3糖から10糖くらいまでの糖類のオリゴマーです。

そのため、糖の組み合わせや数で、様々なものがあります。

あと血液型にもオリゴ糖が関係しているんだとか。





**糯種***

トウモロコシっぽくない、もちもちとした触感が特徴の種類なんだとか。

ワキシーコーンとか、もちとうもろこし等とも呼ばれるそうです。

もちっぽいのは粒の中のデンプンに由来するんだとか。

白、黄色のほか、黒、紫などの色もあるそうです。

一風変わったトウモロコシですね。





**ウショウ**

ウショウ(烏樟)は、クロモジの枝なんだそうです。

クロモジは、クスノキ科の落葉低木です。

枝が高級楊枝の材料となるそうです。

そのため楊枝自体も黒文字と呼ばれたりします。

千葉県の久留里地域では、上総楊枝として特産品となっています。

かつては化粧品にも使われていたそうです。






**キャロルセブン**

直径3センチほどのミニトマトで、甘さで人気のトマトです。

大玉トマトよりリコピンが多いといわれることもあり、また食べやすさからもミニトマトは人気です。

キャロルセブンは身も割れにくく、完熟してからの収穫にも適しているそうです。

甘いトマトはやはり熟した後でしょうね。





**人工臓器**

人の手で作った臓器が、病気やケガで損なわれた機能を補っているようです。

まだ限定的な部分も多いですが、進歩するに従い、どんどん治せる病気も増えていきます。

工学と医学の融合でできたものです。

患者だけじゃなく、提供者への負担もなくなっていくのでしょうね。


タグ:オリゴ
posted by たこたこ at 05:13| 健康と美容のおしゃべり