2018年04月08日

セイヨウオトギリ/雪の妖精/等々

**セイヨウオトギリ**

セント・ジョーンズ・ワートという名前もある多年草です。

黄色い花を咲かせる根茎性の植物です。

ハーブティーとして知られ、日本では食品としての扱いのようです。

でもヨーロッパでは、伝統的医薬品として流通しているんだとか。

古代ギリシアやネイティブアメリカンも医療的利用をしていたみたいです。





**雪の妖精**

なかなかお目にかかることがない希少価値の高いトウモロコシの一つです。

白い粒が並び、見た目にもインパクトがあるのでした。

甘さが特徴で、フルーツのように甘いというキャッチコピーもよく目にします。

ピュアホワイトの進化型で、糖度が高く生食も可能なのでした。





**アンソッコウ**

安息香と書きます。

主要な成分は安息香酸です。

安息香は香料として使用されます。

安息香の主要な成分は、芳香族カルボン酸とそのエステルです。

安息香の主な産地は、まずはタイ、そしてラオス、またベトナムの高原地方を中心とするインドシナ半島もあります。

それとインドネシアスマトラ島なんだそうです。





**ソプラノトマト**

果実がかたく日持ち性にも優れているそうです。

そのため、赤く熟してからの収穫にも適しています。

高糖度栽培に向いていて、「えぐみ」も少なく食感もいいそうです。

果頂部に放射状の筋が現れやすい特徴のある大玉のトマトです。

サカタの王様トマトの一つです。





**レッドパール***

甘過ぎず酸味と甘味のバランスが大人向けの味かもしれないです。

生産量は多くはないですが、根強い人気もあるようです。

実の中まで赤い特徴があり、レッドという言葉が名前にあるだけのことはあります。

「とよのか」と「アイベリー」の特徴を受け継いだ、愛媛生まれのイチゴです。


posted by たこたこ at 05:13| 健康と美容のおしゃべり