2018年03月24日

イチョウ葉/甘々娘/等々

**イチョウ葉**

イチョウといえば銀杏を思い出す人も多いと思います。

葉については、ドイツではイチョウ葉エキスが医薬品として認定されているみたいですが、日本では状況が違うようです。

銀杏やイチョウの葉にはギンコール酸が含まれるので、安易にとるのはトラブルの原因になるみたいです。






**甘々娘***

名前の通り甘さが特徴のトウモロコシです。

時間による糖度の低下も低いんだとか。

見た目は白粒が混ざって並ぶバイカラーコーンです。

発芽率が低いなど栽培では難しさもあるようで、「幻のトウモロコシ」といわれることもあるようです。

粒皮がやわらかく生でも食べられるスイートコーンです。






**アセンヤク***

ガンビールノキの葉や若枝の乾燥水製エキスが、阿仙薬(あせんやく)という生薬の1種です。

正露丸、仁丹などに配合されているんだそうです。

正露丸とかって聞くとなんだか身近な感じがしますね。

阿仙薬は整腸薬、収斂性止瀉薬、口腔清涼剤として用いられるそうです。





**りんか409***

よく目にする桃太郎トマトなどに比べると小ぶりのトマトです。

高糖度トマトに仕上げる栽培法にも適しているそうで、フルーツトマトとしても知られます。

2007年にサカタのタネが販売を始めた品種です。

日持ちもいいそうですし、早生で落花が少ないと、生産者にも嬉しい特徴があるようです。





**女峰**

「はるのか」「ダナー」「麗紅」を交配して生まれたイチゴなんだそうです。

名前の由来は日光市の女峰山です。

見た目も鮮やかでショートケーキを彩るのにもつかわれたみたい。

見た目だけではなく、糖度が高いのに酸味も適度にあり、甘酸っぱい味が特徴のイチゴです。


タグ:イチョウ葉
posted by たこたこ at 05:14| 健康と美容のおしゃべり