2018年03月19日

アロエ/カクテルコーン/等々

**アロエ**

ツルボラン亜科アロエ属の多肉植物の総称なんだとか。

500種以上があるそうです。

日本でおなじみなのはキダチアロエで、昔から「医者いらず」と重宝されてきました。

葉が肉厚なのが特徴の一つですね。

薬用としての栽培は、なんと古代オリエント・古代ギリシア・古代ローマにもさかのぼることができるみたいです。





**カクテルコーン***

実が柔らかく、そして糖度の高い、生食も可能なスイートコーンです。

バイカラーコーンであり、白い粒と黄色い粒が混ざって並んでいます。

それがカクテルの名前の由来のようです。

早生種のカクテルE51などの派生品種もあります。

栽培適応性が広いそうで、作りやすいというのもうれしい特徴です。






**アシタバ**

セリ科シシウド属の植物で日本が原産です。

葉と茎を食用にする野菜です。

青汁なんかでも耳にしたことがあると思います。

緑黄色野菜としてミネラルやビタミンも豊富で、健康食品として注目されています。

中国でも薬用に用いられているそうです。

よく似ている近縁種のハマウドは食用にはなりません。






**桃太郎トマト***

最もポピュラーなトマトの品種としてしられます。

1985に登場した比較的新しいトマトです。

傷みにくい大玉のピンク系トマトです。

傷みにくいということが流通しやすく人気の理由の一つとなっているようです。

完熟させてから出荷でき、普通は生食されるトマトです。






**とよのか***

1980年代から1990年代後期にかけて人気だったイチゴです。

品種登録は1984年のことで、「ひみこ」に「はるのか」を交配して生まれたイチゴです。

酸味が少なく大粒で甘いと評判でした。

九州を中心に広く栽培されたのでした。

ところが「あまおう」の登場で存在感は薄くなっていったのでした。



急な停電に慌てないための備えがあります。乾電池も大事だけど、もう少し大きな予備電源が簡単に使えるのなら便利です。自家発電の他にも手はあります。印西市の停電前の準備。いろいろ技術も進歩しており、それに伴って発想も変わってきています。ケータイなど電気がない心細さは昔以上です。
タグ:アロエ
posted by たこたこ at 05:12| 健康と美容のおしゃべり