2017年11月10日

ノコギリヤシ/佐久古太きゅうり/等々

**ノコギリヤシ**

小さなヤシで、高さは2から4メートルほどになるようです。

ノコギリパルメットなどとも呼ばれます。

果実は大きく赤黒い核果で、脂肪酸やフィトステロールを多く含むんだとか。

食用だけじゃなく、医療用としての利用もあるようです。

葉は茅葺屋根の材料にもなるようですし、重宝な植物ですね。






**佐久古太きゅうり**

長野県佐久市志賀地区・春日地区でもともと栽培されていたキュウリなんだそうです。

「さくこた」ではなく「さくこだい」と読みます。

少なくとも昭和20年代からの栽培とのことで、信州の伝統野菜になっています。

シベリア系の品種で、みずみずしく歯ごたえもよく生食にも適しています。






**色覚多様性**

人の場合、色を感じるときに、赤・緑・青の3色を感じる細胞があって見分けているそうです。

そのため、遺伝子の関係で、いずれかの色を感じる細胞の働きが低い人もいるそうです。

赤色が弱い場合はP型というそうです。

緑色が弱い場合は、D型というそうです。

青色が弱い場合はT型というそうです。







**豆腐ステーキ**

豆腐は、良質なタンパク質というだけじゃなく、カルシウム、鉄も豊富です。

ステーキとはいっても肉とは違うので、期待しすぎるとつらいかな。

でもソースの味付けなどの工夫次第では、ボリューム感のあるおかずになるようです。

食物繊維がたっぷり含まれていてローカロリーのきのこ類のソースもよさそうです。





**とよみ大納言***

北海道で普及した大納言(あずき)の品種のひとつです。

生産者にはうれしい特徴があるものの、買い手の菓子メーカーには欲しがらないところもあるんだとか。

加工特性がほかの大納言とは異なるようで食味の理由からとのことです。

世界最大級の極大粒とか、雨害粒になりにくいなどのいい面の特徴もあります。

posted by たこたこ at 04:04| 健康と美容のおしゃべり