2017年08月13日

玉大黒/黒イボ系きゅうり/等々

**玉大黒**

長野県や北関東、北陸地方などで栽培されているそうです。

「丹波黒」からの交配で作られた品種で、「たまだいこく」と呼ぶそうです。

上品な甘みがあり煮豆に適しているそうです。

黒大豆だから、イソフラボンのほかアントシアニンなどの成分も豊富なようですし、美味しく健康にもよさそうです。





**黒イボ系きゅうり***

キュウリの表面にはイボのような小さな突起があります。

新鮮だとトゲのように痛いんですよね。

そのイボが黒っぽく見えるのが黒イボ系のきゅうりです。

きゅうり全体の色が薄いため、イボが黒っぽく見えるのでした。

白イボ系のキュウリに押されて、少数派となっています。






**ケール**

アブラナ科の野菜のひとつです。

キャベツと違って結球しないです。

栄養が豊富で、青汁の材料として知られるようになりました。

特にビタミンの含有量は緑黄色野菜の中でも多いんだとか。

ジューシーグリーン、スウィートグリーン、カーボロリーフ グリーンなどの品種があります。







**高脂血症と玉子焼き***

長いも入り玉子焼きなら、ボリュームもアップしておいしく食べられます。

それでいてコレステロールや脂肪分も抑えられそうです。

鶏のササミなどを湯がいて細かくして混ぜるのも健康的でおいしくつくるバリーションになりそうです。

卵焼きも工夫次第で健康的に楽しめるということですね。





**軟粒種***

トウモロコシにもいろいろです。

実全体がやわらかいでんぷんでできているトウモロコシだそうです。

そのため粉にひきやすいという特徴があります。

ソフトコーンなどとも呼ばれます。

粉にひいた後は、トウモロコシの姿はないので、案外目に触れることは少ないのかな。

タグ:玉大黒
posted by たこたこ at 06:51| 健康と美容のおしゃべり