2017年07月24日

紫ずきん/ズッキーニ/等々

**紫ずきん**

枝豆として食べる用に丹波黒大豆を品種改良した品種なんだそうです。

豆の薄皮がうっすら紫色というのが、名前の由来になっています。

粒の大きさと甘味が特徴であり、売りとなっています。

生産にかかる期間は短いようですが、病害虫対策などで手間がかかるようです。






**ズッキーニ***

時々耳にする野菜だと思いますが、日本料理では目にする機会はないですね。

フランス料理やイタリア料理の具材として用いられる野菜です。

南米でも普通に使われる食材なんだとか。

見た目はキュウリに似た感じなのですが、どちらかというとカボチャに近いそうです。






**クルクミン**

ターメリック(ウコン)などに含まれる黄色のポリフェノール化合物のことです。

利用は、スパイスや食品領域の着色剤としてで、品添加物(着色料)として知られます。

ときどきドリンク剤や健康食品で名前を目にするのですが、その効果はまだわかっていないみたいです。

でも研究はされているようです。







**総コレステロール**

血液中にある脂質の総称を総コレステロールというそうです。

その内訳をみると、コレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸、リン脂質などだそうです。

コレステロールも、HDLコレステロールやLDLコレステロールなどと分けて表現されることも多いです。

なんだかいろいろありますね。





**馬歯種**

粒が成熟するにつれて柔らかい部分が収縮して冠部にくぼみ(デント)ができるのが特徴で、馬歯のようになることが名前の由来です。

デントコーンとも呼ばれます。

食用としては出回ることはありません。

飼料用やでんぷん(コーンスターチ)の原料として利用されています。

タグ:紫ずきん
posted by たこたこ at 04:21| 健康と美容のおしゃべり