2017年05月21日

植物ステロール/スペックルドロマン/等々

**植物ステロール**

コレステロールを低下させるなどといわれることもあります。

植物ステロールは、動物ではコレステロールに相当するようなものなんだとか。

フィトステロールとも呼ばれます。

用途は、食品添加物(乳化剤)や医薬品、化粧品などにも使われるそうです。

高等植物のステロールの総称で、β-シトステロール、カンペステロールがよく知られるそうです。





**スペックルドロマン***

太った唐辛子のような、縦長のトマトです。

表皮の色は、赤・オレンジ・黄色がまだらに存在し、知らなければとてもトマトとは思えないでしょう。

でもへたがしっかりトマトですし、輪切りにするとトマトっぽいなかみなのでした。

皮がややかためのようなので、加熱したほうがいいようです。






**キャッツクロー**

アマゾン奥地に自生するといわれる蔓性植物です。

一年草のハーブで葉の付け根にあるトゲが特徴で、その形から「猫の爪」と呼ばれるそうです。

中央ペルー・アマゾンの先住民族が、伝承薬としていたんだとか。

サプリメントとしても注目され、名前を見るようになっています。






**高LDLコレステロール血症***

心血管疾患を考える時に、かなり重要度が高いそうです。

「低比重リポ蛋白」(通称は、LDL)が血液中に多く存在するタイプなんだとか。

ちなみにLDLは肝臓にあるコレステロールを体の隅々の血管まで運ぶ作用があるそうです。

危険性を示す重要度が高いと聞くと、とくに気になりますね。






**ハニーバンタム***

バイカラーコーンでスイートコーンです。

つまり甘くておいしい特徴と、見た目の特徴をもつトウモロコシです。

黄色に並んだ実の中にところどころ白い実を目にすることができます。

昭和60年に登場してからしばらく人気の座を維持してきたんだとか。

伝来はアメリカからとのことです。

posted by たこたこ at 04:17| 健康と美容のおしゃべり