2018年10月26日

電子タバコのニコチン/章姫/等々

**電子タバコのニコチン**

ニコチンが入った商品は無許可で流通することはできないです。

ところが電子タバコで、ニコチンが入った商品が無許可で売られていたんだとか。

2017年に発覚しました。

ネット通販で、そのサイトは国外を拠点とし、グレーな感じです。

ちなみに表記は日本語だったようです。






**章姫***

品種改良者の名前から「章」がつけられたそうです。

「女峰」と「久能早生」を交配させることでできたそうです。

大きく、細長いのが特徴とのことです。

味は糖度が高く、酸度はすくないそうです。

すごくおいしそうな気がしますね。

暖地での施設栽培に向いているみたいです。





**キササゲ**

キササゲとトウキササゲの果実が、生薬「キササゲ」だそうです。

日本薬局方に収録されているそうです。

利尿作用があるといわれています。

ちなみに伝統的な漢方薬ではほとんど使わないんだとか。

もともとは中国原産のようですが、日本各地の河川敷などで野生化しています。





続きを読む
タグ:タバコ
posted by たこたこ at 05:23| 健康と美容のおしゃべり

2018年10月20日

生活習慣病とアプリ/女峰/等々

**生活習慣病とアプリ***

生活習慣病の治療には医師だけでなく、本人の意思も重要です。

そういう部分ではスマホのアプリが役立つのかも。

生活習慣病の治療に役立つアプリもあるそうです。

たとえば、禁煙とか不眠症とか。

医師の処方を受けて利用できるもののようですから、かなり本格的ですね。






**女峰***

日光市の北側の女峰山にちなんで名づけられたイチゴです。

もともとは九州の「とよのか」に対抗してつくられたんだとか。

甘酸っぱい味が特徴で、糖度が極めて高いのに、酸っぱさも適度にあるのでした。

色も鮮やかで外観もいい特徴から、ショートケーキにもよく使われたんだとか。






**キキョウ**

万葉集のなかで秋の七草と歌われている「朝貌の花」なんだとか。

キキョウの根はサポニンを多く含むそうです。

生薬としても知られます。

根が太く、内部が充実し、えぐ味の強いものがいいそうです。

星型の花を咲かせることでも知られます。

絶滅危惧種となっているみたい。






続きを読む
タグ:健康
posted by たこたこ at 05:20| 健康と美容のおしゃべり

2018年10月15日

オーラルフレイル/とよのか/等々

**オーラルフレイル**

口の中の機能低下が体の衰えにもつながるそうです。

活舌が悪くなったり、飲み物でむせたり、食べこぼしたり。

そのサインを見落さないことも大事です。

軽く考えて問題が深刻になるまで放っておくわけにはいかないです。

定期チェックを歯科で受けることも大事みたいです。





**とよのか***

主に西日本で人気のあったイチゴです。

1980年代から1990年代後期に、酸味が少なく大粒で甘いことで人気でした。

「ひみこ」に「はるのか」を交配してつくられたそうで、品種登録は1984年のことです。

のちに、「あまおう」の登場で存在感はうすくなっていきました。





**ガンビール**

葉と若枝の乾燥水製エキスが生薬のひとつとして用いられるそうです。

阿仙薬(あせんやく)というそうです。

阿仙薬は褐色でタンニン類を多く含むそうです。

正露丸、仁丹などに配合されているそうです。

そう聞くとなんだか身近ですね。

アカネ科カギカズラ属の植物のガンビールノキからとれます。






続きを読む
タグ:健康
posted by たこたこ at 05:30| 健康と美容のおしゃべり

2018年10月09日

色覚多様性/イチゴ/等々

**色覚多様性***

人の色の認識は、赤と緑と青の3色をそれぞれ感じる3種類の細胞が基本になっているみたい。

それで、人によってはどれかの働きが弱い場合もあるんだとか。

ちなみに、弱い色に応じて、赤はP型、青はT型、緑はD型というそうです。

どのタイプの人もわかるように表現するのが色覚バリアフリーみたいです。





**イチゴ**

フルーツとして誰もが知るイチゴです。

でも区分でいえば野菜のようです。

ショートケーキやタルトの装飾でもお馴染みです。

いちご大福もありますし、スイーツとの相性もばっちりです。

いちごジャムも定番ですね。

かき氷のシロップなどにもイチゴ味は定番ですが、こちらはイチゴの果汁は入ってなかったりするみたい。





**カンゾウ***

薬用植物で根を乾燥させたものが生薬として利用されるそうです。

甘草は、甘味料としても用いられるようです。

グリチルリチン、ブドウ糖、ショ糖などが甘味成分なんだそうです。

グリチルリチンの甘味は砂糖の50倍もあるんだとか。

しかも低カロリーだそうです。






続きを読む
タグ:色覚
posted by たこたこ at 05:10| 健康と美容のおしゃべり

2018年10月02日

カプセル内視鏡の検査/カイワレダイコン/等々

**カプセル内視鏡の検査***

小さなカプセルを飲み込むだけと、従来の内視鏡よりずっと患者の負担は軽減されます。

さらに医師としても、特別な技能を必要としないことから、検査する側の負担も減らせます。

ただカプセル内視鏡は写真を撮りためて送信するので、リアルタイムでの処置には向かないみたいです。





**カイワレダイコン***

発芽直後の胚軸と子葉を食用とする野菜のひとつです。

大根のスプラウト食材です。

大根といえば大きい野菜ですが、かいわれ大根は小さいですね。

生のまま食べられ、サラダやどんぶりの彩りに用いられます。

よく目にする野菜の一つです。

栄養的にもすごく優れているそうです。






**カンキョウ**

生姜の表面の皮を取り去り、蒸して乾燥させたものは乾姜(かんきょう)といいます。

興奮作用、強壮作用、健胃作用があるみたいです。

ところで、ショウガの根茎は生薬としてしられます。

中国では紀元前500年頃から薬用として使われていたそうで、歴史も古いですね。







続きを読む
posted by たこたこ at 05:26| 健康と美容のおしゃべり