2018年07月07日

クェルセチン/とよみ大納言/等々

**クェルセチン***

フラボノイドの一種とされています。

ラテン語で「オークの森」を意味する言葉が名前の由来になっているそうです。

抗酸化作用、抗炎症作用、抗動脈硬化作用のほかにも数々の作用があるそうです。

クェルセチンを配合した健康食品も存在するそうです。

ケッパー、リンゴ、タマネギ、お茶などにも含まれているようです。






**とよみ大納言***

北海道のあずき・大納言のひとつです。

世界最大級の極大粒という特徴があります。

さらに雨害粒の発生も少ないんだとか。

ただし、加工特性の違いから、つかえないという菓子メーカーもあるんだとか。

病害抵抗性もあり収穫量も期待できるのに、それって残念なことです。






**オオムギ***

オオムギといえば、穀物のひとつですが、実は漢方薬としても用いられています。

健康食品の中に含まれることもあります。

でも最も多い用途は、ビールやウイスキーの原料ですね。

あと飼料としての利用も多いです。

日本では、醤油・味噌などの発酵食品の原料として使われます。




続きを読む
タグ:健康
posted by たこたこ at 05:26| 健康と美容のおしゃべり