2018年04月23日

エフェドラ/馬歯種/等々

**エフェドラ***

風邪薬や鎮咳薬としても用いられるもので、漢方医学でも生薬として用いられます。

過去にはスポーツ選手のドーピングで話題にもなりました。

エフェドリンともいわれるようです。

日本では、販売される医薬品にアストフィリン配合錠などがあります。

裸子植物のマオウ(麻黄)に由来します。






**馬歯種**

デントコーンとも呼ばれます。

名前の由来は見た目の姿です。

冠部にくぼみ(デント)ができ、馬歯のようになるからだとか。

主に澱粉(コーンスターチ)製造用、あるいは飼料用として栽培されるそうです。

そのほかバイオエタノール生産原料としても利用されているみたいです。






**インヨウカク***

精力剤として有名な生薬だそうです。

東北地方南部以南の森林に、自生するイカリソウです。

落葉多年草です。

園芸用や薬用に栽培されることもあります。

本来は中国原産の同属のホザキノイカリソウのようです。

ヒツジがこれを食べて精力がついたという伝説に基づいた名前なんだとか。



続きを読む
タグ:風邪
posted by たこたこ at 05:14| 健康と美容のおしゃべり