2017年06月27日

大麦若葉/シシトウガラシ/等々

**大麦若葉***

サプリメントや青汁で目にする大麦若葉は、イネ科の大麦の若い葉の部分です。

イネ科と聞くとすごく身近な感じがしますね。

もちろん大麦自体よく知られている食品ですし、サプリとしても安心です。

ミネラルやビタミンが豊富で、そしてSOD酵素で注目されています。






**シシトウガラシ**

シシトウと聞くとぴんとくる人もいるでしょう。

唐辛子の甘味種で、植物学的にはピーマンと同種だそうです。

つまりピーマンの小さいもの的な感じでしょうか。

夏バテにもいいといわれ、栄養価が高いと好まれています。

たまに辛いのが混ざっているそうで、なんだかおもしろいですね。






**ギムネマ**

ホウライアオカズラの葉を噛み続けると甘味を感じなくなるんだとか。

この現象は、ギムネマ酸によるものなんだとか。

またホウライアオカズラは、2千年近くにわたり糖尿病向けのハーブとして使われているんだとか。

とはいうものの、この効果の根拠はまだ不明みたいです。




続きを読む
タグ:大麦若葉
posted by たこたこ at 04:23| 健康と美容のおしゃべり

2017年06月20日

緑茶/トウガラシ/等々

**緑茶**

お茶にはいろいろありますが、チャノキの葉からつくり発酵させないのが緑茶なんだそうです。

緑茶にも各地の工夫があり、佐賀県の嬉野茶とか、宮崎県・熊本県県境付近の青柳茶なども知られます。

お茶の苦み成分のカテキンが注目され、サプリメントなどでもよく目にするのでした。






**トウガラシ**

香辛料で昔からなじみが深いです。

トウガラシは香辛料としてだけではなく、防虫効果も昔から利用されています。

また温湿布剤に配合されることもありました。

多用途ですね。

見た目や表面はちっちゃなピーマンみたいですが、色は違いますね。

辛み成分のカプサイシンも近年注目されました。






**ムラサキキャベツ**

名前の通り紫色の鮮やかなキャベツです。

サラダなどに用いられるのは、その見た目の華やかさもあります。

赤キャベツともいわれるそうです。

紫色はアントシアニンによるものなんだそうです。

キャンディーやゼリーなどの着色料としても用いられるようです。

見た目が重宝しているみたい。



続きを読む
タグ:緑茶
posted by たこたこ at 04:18| 健康と美容のおしゃべり

2017年06月14日

霊芝/鷹の爪/等々

**霊芝***

なんとなく目に耳にしたことのある名前だと思います。

キノコの一種であり、霊芝草(れいしそう)あるいは、万年茸(マンネンタケ)などとも呼ばれます。

歴史的にも古くから中国で漢方素材のひとつとして使われていたそうです。

でも科学的な根拠ってそれほどしっかりしているわけではないみたいです。





**鷹の爪***

粉末にした「鷹の爪」は一味唐辛子と呼ばており、日本ではおなじみのトウガラシです。

熟すと鮮やかな赤色になり、実は小さく、形から鷹の爪という名前がついたようです。

香辛料としても使われますが、米びつの防虫などにも使われます。

実は丸ごととか、輪切りにして使われることが多いです。






**サボイキャベツ***

ものすごくしわしわしたキャベツです。

見た目から普通のキャベツと明らかに違います。

キャベツかどうか、迷いそうな容姿なのでした。

フランスの地名、サボイ地方が名前の由来だそうで、もともとは日本のキャベツではなかったようです。

どうりで見慣れないはずです。



続きを読む
タグ:霊芝
posted by たこたこ at 04:16| 健康と美容のおしゃべり

2017年06月08日

イソフラボン/タマリロ/等々

**イソフラボン**

豆腐、納豆、煮豆、みそなど大豆を原料とした食品で摂取できる栄養です。

女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があることで注目されました。

この成分にちなんだ特定保健用食品もあります。

またサプリメントも目にします。

さすが注目された成分ですが、摂取のし過ぎにも注意は必要なようです。





**タマリロ***

生食できてサラダにも使われますが、煮込み料理にも使われます。

日本ではあまり見ることがない果実です。

トマトに近い、ナス科の植物です。

樹高が6メートルになるそうで、木立ちトマトという別名もあるんだとか。

そもそも南米のアンデス山脈周辺に分布するものの、ニュージーランドやオーストラリアでも栽培されているみたい。





**札幌大球**

名前の通り1球で最大約20キロにもなる大きなキャベツです。

戦前から作られ、歴史もある用で、伝統野菜としての位置づけもあるそうです。

漬け物にもあうようで、飯寿司やニシン漬けにも使われます。

ゆでて、おひたしやロールキャベツにもいいみたい。

もちろん生でも大丈夫です。




続きを読む
posted by たこたこ at 04:17| 健康と美容のおしゃべり

2017年06月02日

肝油/パープルロシアン/等々

**肝油**

タラなどの肝臓からしぼって抽出・凝縮したのが肝油です。

用途は医薬品やサプリメントなどです。

肝油というと河合製薬が知られますが、それ以前からあったようです。

でも河合製薬がはじめてドロップにしたことで、人気が出て広がったようです。

それ以前は臭気とかもあったようで、なかなか人気もなかったようです。





**パープルロシアン***

黒トマトと呼ばれるタイプのトマトです。

黒とは表現されますが、実際は暗い赤茶色といった感じです。

ヘタの辺り緑がのこり、そのあたりの色の混ざりぐあいでパープルという名前がついたのかな。

縦長の手のひらサイズのトマトです。

生でもいけるみたいですが、見た目は普通のトマトのほうがよさそうです。






**グリーンボール**

丸玉とも呼ばれるキャベツです。

1kg程度の小ぶりのボール型なんだそうです。

葉の内部まで緑色を帯びているという特徴があります。

すきまなくしまって大きさの割に重く感じるかも。

キャベツの旬は冬ですが、グリーンボールは寒さに弱く5月ごろから出荷のピークを迎えるんだとか。



続きを読む
タグ:肝油
posted by たこたこ at 04:16| 健康と美容のおしゃべり