2017年05月27日

亜麻仁油/フィオレンティーノ /等々

**亜麻仁油**

黄色っぽい乾性油で、成熟した亜麻の種子からとれます。

乾性油は空気中で酸化して固まるので、油絵具やワニスにも使われます。

そのため用途は食用だけではないです。

最近ではシックハウス症候群対策の塗料にも使われているそうです。

不飽和脂肪酸が豊富で、栄養サプリとしても知られます。






**フィオレンティーノ **

独特な形をした大玉トマトで、イタリアントマト・コストルート・フィオレンティーノという長い名前です。

その名のとおり、イタリアのトマトです。

表面が縦割れででこぼこしてます。

でも色合いが熟すと赤くトマトっぽいです。

薄くスライスしてサラダのトッピングに使うといいみたい。






**キャベツ**

野菜としておなじみのキャベツです。

たとえばトンカツやフライなどでは千切りが欠かせないです。

ロールキャベツも誰もが知るメニューですね。

アブラナ科アブラナ属の多年草ときくとなんだか意外に思うかもしれないですね。

アブラナとは全然似ていないですからね。




続きを読む
タグ:亜麻仁油
posted by たこたこ at 04:18| 健康と美容のおしゃべり

2017年05月21日

植物ステロール/スペックルドロマン/等々

**植物ステロール**

コレステロールを低下させるなどといわれることもあります。

植物ステロールは、動物ではコレステロールに相当するようなものなんだとか。

フィトステロールとも呼ばれます。

用途は、食品添加物(乳化剤)や医薬品、化粧品などにも使われるそうです。

高等植物のステロールの総称で、β-シトステロール、カンペステロールがよく知られるそうです。





**スペックルドロマン***

太った唐辛子のような、縦長のトマトです。

表皮の色は、赤・オレンジ・黄色がまだらに存在し、知らなければとてもトマトとは思えないでしょう。

でもへたがしっかりトマトですし、輪切りにするとトマトっぽいなかみなのでした。

皮がややかためのようなので、加熱したほうがいいようです。






**キャッツクロー**

アマゾン奥地に自生するといわれる蔓性植物です。

一年草のハーブで葉の付け根にあるトゲが特徴で、その形から「猫の爪」と呼ばれるそうです。

中央ペルー・アマゾンの先住民族が、伝承薬としていたんだとか。

サプリメントとしても注目され、名前を見るようになっています。



続きを読む
posted by たこたこ at 04:17| 健康と美容のおしゃべり

2017年05月15日

月見草とサプリ/イタリアンレッドペアー/等々

**月見草とサプリ***

健康サプリとしても月見草が注目されているようです。

いろんなサプリがありますが、比べてみると天然かどうか、添加物の違い、製法の違いなどで差もあるようです。

いろいろ比べてみることも大事です。

メキシコ原産で江戸時代に観賞用として日本に入ってきたそうです。






**イタリアンレッドペアー**

大玉の赤いトマトです。

表面がつるんとしていないで、縦に溝が走り、ぼこぼこしています。

洋ナシのような形に熟すものもあり、それで名前に「ペアー」がついたのでしょう。

北イタリアでは昔からトマトの品種なんだそうです。

目新しさばっちりの大きなトマトです。






**キトサン***

キトサンを関与成分とした特定保健用食品が許可されていることから、目にする機会もあると思います。

神経再生や皮膚再生など再生医療素材としての応用にも期待があるようです。

そのほか化粧品にも用いられるんだとか。

カニやエビなどの甲殻類の外骨格から得られるキチンを加工して作るそうです。



続きを読む
タグ:月見草
posted by たこたこ at 04:17| 健康と美容のおしゃべり

2017年05月09日

オタネニンジン/レッドゼブラトマト/等々

**オタネニンジン***

ウコギ科の多年草で、薬用や食用に用いられてますが、高級なイメージがあります。

ちなみに野菜のニンジンはセリ科であり、全く違う植物です。

朝鮮人参とか高麗人参ともいわれ、こちらのほうが分かる人がおおいかも。

産地は韓国や中国がほとんどのようです。

実は日本でも栽培されているんだとか。





**レッドゼブラトマト***

見た目がトマトっぽくないオレンジ色の縞がはいったツートンカラーの中玉トマトです。

基本は赤地ですが、縞によってその見た目にはインパクトがあります。

その見た目を活かしたトッピングとして、サラダなどに使うのがよさそうです。

味は甘酸っぱい感じなんだとか。






**キチン**

かにや、えびなどの甲殻類の外殻にあるムコ多糖類なんだとか。

血圧とかコレステロールについて話題になったようですが、案外信頼性は不明のようです。

でもどういった経緯から、話題になったのかな。

ちなみに語源は古代ギリシアの衣服であったキトンに由来するんだそうです。



続きを読む
posted by たこたこ at 04:08| 健康と美容のおしゃべり

2017年05月04日

サンシチニンジン/グリーンゼブラトマト/等々

**サンシチニンジン***

三七人参の由来は、収穫までに3年ないし7年ほどかかることだそうです。

ウコギ科の薬用植物で、原産は中国南部です。

中国では長らく国外輸出が禁止されていたそうです。

そのためか、日本では入手が難しかったこともあり、日本漢方ではあまり存在感はないみたいです。






**グリーンゼブラトマト***

トマトは赤いものというイメージとはずいぶん違う外観のトマトです。

完熟しても緑色なのですからね。

ただの緑ではなく、緑地に黄色の縞が入ります。

一見汚れているのかな、と感じるかもしれませんが、そうではないです。

見た目の珍しさからアクセントのある盛り付けができそうです。





**ガルシニア***

食欲や脂肪蓄積に関して注目されたみたいです。

もともとインドや東南アジアでは、古くからスパイスとしてカレーなどの料理に使用されてきたんだとか。

甘酸っぱさを生かしたスパイスなんだそうです。

ダイエット関連のサプリメントの中に目にすることもあるのかな。



続きを読む
posted by たこたこ at 06:06| 健康と美容のおしゃべり