2018年02月22日

フコイダン/ピクニックコーン/等々

**フコイダン***

褐藻類の特に「ぬめり」部分に含まれる細胞間粘質多糖のことです。

免疫によいとか、がんによいとか、言われた時もあったようですが、有効性・安全性の確たるものはないようです。

研究はあちこちで進められているようなので、いずれ証明されるのでしょうか。

健康食品として注目された時もありました。






**ピクニックコーン***

ピクニックってなんだか楽しそうなネーミングですね。

スイートコーンの一つで、他とは違った特徴がPRされています。

それは冷めても甘いというか、冷ましたほうが甘いという特徴。

新鮮なほど甘いという考えを覆すような特徴です。

さらに食べきりには嬉しい小さなサイズのトウモロコシです。






**アギ***

アサフェティダのことで、和名が阿魏で、セリ科の二年草です。

茎から採れる樹脂状の物質があり、それを香辛料や生薬として用います。

ちなみに仏教では五葷のひとつとして食用を禁止しているそうです。

インドにおいて香辛料として幅広く用いられる他、ウスターソースの原料にもなっています。


続きを読む
タグ:フコイダン
posted by たこたこ at 05:11| 健康と美容のおしゃべり

2018年02月17日

フィロキノン/ミエルコーン/等々

**フィロキノン**

植物や多種多様な藻類などにより合成される物質です。

ビタミンK1ともいわれるそうです。

その特徴にナフトキノン骨格を持つことがあるんだとか。

酸素発生型光合成を行う生物のみが合成できるものだそうです。

つまりそのほかの生物は摂食でしか摂れないということですね。






**ミエルコーン**

スイートコーンのひとつで、粒の皮が薄く、糖度の高い品種です。

生でも食べられるトウモロコシです。

名前にある「ミエル」とは「はちみつのような甘さ」という意味のフランス語からきているそうです。

それだけの甘さを象徴しているのでしょうか。

食べてみたくなるトウモロコシですね。





**アカメガシワ**

樹皮は「野梧桐(やごどう)」、葉は「野梧桐葉(やごどうよう)」というそうです。

赤芽柏とも書き、落葉高木です。

山野、平地、川の土手などでよく見かけるようです。

寒さに弱く、日当たりを好み生長が早いという特徴があります。

また新芽が赤いことも特徴のひとつです。


続きを読む
posted by たこたこ at 05:07| 健康と美容のおしゃべり

2018年02月12日

ビルベリー/ゴールドラッシュ/等々

**ビルベリー**

ビルベリー類は育てるのが難しいそうで、野生の植物から採取されるんだとか。

ブルーベリーの一種ですが、このあたりは違いますね。

それと果実がブルーベリーより小さいです。

生で食べるか、ジャム、フール、ジュース、パイなどになります。

目にいいというイメージがあるけど、真相はどうなのでしょう。






**ゴールドラッシュ***

全然トウモロコシっぽくない名前に、どうなのかなと思ってしまいそうです。

でも粒皮がやわらかく生でも食べられる美味しいトウモロコシなんだそうです。

ゴールドラッシュは見た目のきれいさを示したものなんだとか。

黄色く輝くぎっしり並んだ粒が食欲をかきたてるみたいです。






**医療関係のドラマいろいろ**

昔と違ってテレビドラマもいろんな分野が舞台になっています。

医療現場を舞台にしたドラマも多く、ものすごく人気もあります。

手術風景とかすごくリアルな場面もあったりして臨場感が昔では考えられないです。

セリフの中にある、健康や病気に関する知識なども気になるのでした。


続きを読む
タグ:ビルベリー
posted by たこたこ at 03:04| 健康と美容のおしゃべり

2018年02月07日

ピリドキシン/サニーショコラ/等々

**ピリドキシン**

ピリドキサールやピリドキサミンとともに、ビタミンB6とされる化合物です。

赤血球生産を促進するなど重要な役割を担う栄養素です。

不足すると皮膚炎、口唇炎、貧血、脂肪肝などの原因になることもあるみたいです。

通常の食事で必要量を摂取するのは難しくないみたいです。





**サニーショコラ**

名前がトウモロコシっぽくないですね。

でも生食も可能な糖度の高いスイートコーン。

栽培が難しいようなので、それほどたくさんはないようですが、一度は食べてみたいトウモロコシの一つでしょう。

粒皮も薄いため「フルーツコーン」ともよばれるそうです。

期待を裏切らないそうですよ。






**病児保育のいろいろ***

病気の子供を預かってくれる病児保育にはいくつかタイプがあります。

最初から具合が悪い子どもを預かる病児対応型。

保育所にいる間に具合が悪くなった子どもを預かる体調不良時対応型。

さらに看護師などが自宅に訪問する訪問型などです。

共働きやひとり親には心強いですね。


続きを読む
posted by たこたこ at 05:08| 健康と美容のおしゃべり

2018年01月31日

ビフィズス菌/味来/等々

**ビフィズス菌***

腸内の環境を整える善玉菌などともいわれています。

いいイメージがありますが、たとえば花粉症などアレルギー症状の緩和にも貢献するという話も聞いたことがあります。

チーズやヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれることでも知られています。

特定保健用食品もありますね。






**味来***

1990年代から出回った甘さが特徴のトウモロコシです。

果実に匹敵するほどの甘さを誇るんだとか。

甘さは熱を加えることで増すそうです。

ただし時間が経つと甘さが落ちていくので、収穫からできるだけ早く食べることも大事です。

栽培にはほかの品種より手間がかかるそうです。






**除菌剤・クレベリン***

除菌消臭剤のクレベリンは、空気中のウイルスや細菌を無害化するんだそうです。

加湿器などへ搭載可能なタイプもあるみたい。

インフルエンザなど感染予防などでも注目されているみたいです。

カビ抑制などの科学的な効果も証明されているんだとか。

正露丸で有名な大幸薬品なのでした。


続きを読む
posted by たこたこ at 05:07| 健康と美容のおしゃべり

2018年01月23日

ビール酵母/トウモロコシ甘味種/等々

**ビール酵母**

糖などを分解することでアルコールをつくるなどの働きがある微生物なんだそうです。

微生物ということは生きているんですね。

健康にもよさそうなイメージがあるのは、特定保健用食品の関係かもしれません。

でも敏感な人の場合はアレルギーが出ることもあるようです。

なんでもいいというわけではないのかな。






**トウモロコシ甘味種***

甘味種といわれるトウモロコシは、普通にゆでたり・むしたり・焼いたりして食べられます。

コーンフレークやコーンミールなどの加工食品の材料としても用いられます。

トウモロコシの甘味は時間とともに落ちてしまうそうで、とれたてすぐに熱を加えて食べるのが一番のようです。





**歩いてクーポン***

歩くことでクーポンに交換できるスマホアプリを2018年1月、薬王堂がはじめました。

その意図は、毎日家から出て店に来てもらうことで、健康になってもらうというものだそうです。

来店頻度がアップできれば、さらなる小商圏でも立地可能になる見込みもあるようです。



続きを読む
タグ:ビール酵母
posted by たこたこ at 04:04| 健康と美容のおしゃべり

2018年01月17日

ヒアルロン酸/トウモロコシ/等々

**ヒアルロン酸***

美容の話の中では、たびたび耳にするヒアルロン酸です。

そもそもは人体の水分維持に貢献しているんだそうです。

健康食品やサプリメント、化粧水などで見聞きすることが多いです。

またヒアルロン酸注入などという言葉も美容整形などで耳にします。

美容だけじゃなく医療にも用いられているそうです。






**トウモロコシ***

ポップコーンや、焼きトウモロコシなど、お祭りやイベントをイメージする人も少なくないかな。

トウモロコシは野菜というイメージが薄いような気がします。

イネ科の一年草であり、ものすごく大きく育ちます。

おいしいトウモロコシはすごく甘味をもっています。

生でもおいしく食べられるものもあるそうです。






**二軸歩行**

二軸歩行は疲労感が少ないそうです。

ちなみに普通の歩き方は一軸歩行で、ねじりの反動で進みます。

二軸歩行はねじらないので負担が少ないそうです。

二軸歩行は和の歩き方ともいえ、飛脚や忍者も取り入れていたようです。

和服を着たときの歩き方でもあります。


続きを読む
posted by たこたこ at 04:07| 健康と美容のおしゃべり

2018年01月10日

パパイン/オクラ/等々

**パパイン**

プロテアーゼのひとつであり、パパイアから見つかったことでこの名前になったみたいです。

それなのに熟したパパイヤには、ほとんど含まれないそうです。

肉を柔らかくするそうで、酢豚などの肉料理で使われたりします。

生のパイナップルにも豊富に含まれているんだとか。





**オクラ***

原産地はアフリカ北東部なんだそうです。

日本に入ってきたのは明治初期といいますから、比較的新しい野菜ですね。

粘り気が特徴で、食感の良さが好まれます。

栄養面でもこの粘り気の部分が重要みたいです。

ちなみにもともとは多年草のようですが、寒さに弱く日本では越冬できず一年草になってしまいます。






**生活習慣病と保険***

生活習慣病を理由に保険に入れない人もいる一方で、加入できる場合もあります。

2017年に査定基準の緩和が広がりました。

たとえば高血圧などでも健康状態の状態によっては普通に加入できる場合があります。

ちなみに部位不担保の条件付きとか、限定告知型の割高保険料ではない形です。


続きを読む
タグ:パパイン
posted by たこたこ at 06:54| 健康と美容のおしゃべり

2018年01月02日

パパイア/ユウガオ/等々

**パパイア***

メキシコ南部から西インド諸島を原産とするそうです。

沖縄では家の庭によく自生していたりするそうです。

フルーツというイメージがありますが、野菜として扱われることも多いそうです。

そのほか、軟膏剤や洗顔料としての活用もあるみたいです。

さらに観葉植物としても知られます。






**ユウガオ***

ウリ科の植物で、蔓性一年草です。

大きな果実を実らせることが特徴です。

食用のほか容器としても用いられるそうです。

すしなどで使われる、かんぴょうも実はユウガオから作られるんだとか。

身近なかんぴょうですが、意外と知らない人が多いと思います。

ナガユウガオとマルユウガオがあります。






**テロメア***

寿命をつかさどる染色体が脚光を浴びているそうです。

細胞の染色体の端にある「テロメア」。

このテロメアは細胞が分裂するたびに少しづつ短くなるそうです。

そしてそれに伴って細胞分裂の回数が減って、分裂をしなくなるんだとか。

テロメアは「命の回数券」ともいわれるそうです。



続きを読む
タグ:パパイア
posted by たこたこ at 04:07| 健康と美容のおしゃべり

2017年12月23日

バレリアン/ヘチマ/等々

**バレリアン**

サプリメントとしても目にすることがあるかもしれないですね。

ドイツでは不眠症や不安に用いられており、使用が承認されているそうです。

ところが日本では事情が違い、非医薬品に分類されるんだとか。

副作用も報告されているようなので勝手な判断で利用するのはよくないのかも。






**ヘチマ***

小学校の時に理科の観察で使われたことで多くの人たちの記憶にあると思います。

なんとなくタワシぐらいで、食用のイメージがない人も多いことでしょう。

でも南西諸島や南九州では食用にもされているそうです。

室町時代に中国から渡来したそうですが、原産はインドです。





**健康診断の生かし方**

職場で受ける健康診断の生かし方は分かりにくいです。

ただ受けるだけではもったいないみたい。

過去の検査通知との比較が重要です。

基準値内であっても、数値の変化が体の変調を示すことがあります。

特に肝臓は悪くなっても痛みがないので、数値には注意したほうがいいみたいです。


続きを読む
タグ:バレリアン
posted by たこたこ at 04:07| 健康と美容のおしゃべり